​想像以上に手厚い年金

すぐに効果が表れるもの、それは障害基礎年金と遺族基礎年金です。だれだって障がいを持ちたくはないし、死亡したくはありません。しかし、それは突然訪れるもの。貯蓄が十分にない若いときに起こるのが最も苦しいものでもあります。

 この年金が優秀なのは金額ではありません。最も優秀なのは物価上昇率による貨幣変動率の考慮です。年金とは比較的長期にわたって支払われるもの。この安心感は別格です。

 諸々の条件があるにしろ、義務であるからには未払いを選択するのではなく出来るだけ有用に活用してはいかがでしょうか。

​常に公的ネットワークとリンク

​保険商品として優秀なのは、例えば生活保護を受けている家庭は医療費がタダになるばかりか年金保険料が免除になります。これはなんと年金保険料を支払っているということになるのです(しかし、この期間分は最大半額しか受給できません)生活保護費の金額が問題になるのはこのあたりにもあります。保障が強すぎるのです。ということは生活保護費程度の収入であれば国民年金保険料は法定免除となるのです。申請するべきですよね。さらに25年以上の支払いが必要となっていた部分は10年に短縮される見通しです。今、支払っておく必要があるのです。すぐに効果が表れるのか?表れます。

​国民年金について

​日本に居住している者は強制加入となっている社会保険です。よく議論に上がってることに「年金がつぶれる」「年金保険を払ってももらえる額が減少する」ということがあります。この話は正しいともいえるし、間違っているともいえます。これは日本の経済と法整備に直結しているからです。変わるのは間違いないのですが、どう変わるかを今議論するのは得策ではありません。逆にどう生かすかの議論のほうが有益でしょう。また、「得か損か」という議論もありますが、現状では「圧倒的に得」です。現状でこんなにお得な保険商品はありえません。ではなぜ、得なのか見ていきましょう。

  • Blogger - White Circle
  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

© 2023 コンサルティング社 Wix.comを使って作成されました

 

お電話&ファックス

電話番号:0942-27-7571

ファックス: 0942-27-7572